水回りのリフォームにかかる費用と施工期間を知りたい

トイレのリフォームで便利な生活に

トイレのリフォームにかかる費用

トイレのリフォームもキッチンや浴槽と同じように、リフォームの内容によって大きく費用が違ってきます。
トイレの便器自体はそのままで、便座を変えるだけならば正直自分でもできる場合がありますが、最近の便座は機能性豊かで考えられた造りになっているものがたくさんあります。
そういった場合は装着するのが専門家でないと無理なので、依頼する必要があります。
便座交換や便器自体を交換する場合は費用も20万から30万かかってしまう場合があります。
トイレの壁紙や床も一緒にリフォームする場合はもう少し金額はかかってしまいますが、キッチンやお風呂ほどの金額はかかりません。
リフォームの内容で大きく費用は変わりますので、決める際に予算を提示しておくと良いでしょう。

トイレのリフォームは難しい、施工期間

トイレのリフォームは便座や便器自体を交換するだけだとそこまでの施工期間はかかりません。
便器自体を取り外し、交換するのみならば数時間で終了します。
しかし最近のトイレには様々な機能がついています。
自分で掃除する必要がない自動洗浄機能はとても便利だと思います。
そんな場合は少しだけ時間はかかってしまいますが、ほとんど当日で工事は終わりますので安心してください。
しかしトイレのリフォームの場合、介護用にとトイレの広さを変える場合は、トイレの環境にもよりますがかなりの時間がかかります。
そして工事音もすることが多くなりますので、そこは理解しておく必要があります。
事前の話し合いできちんと工事内容は聞くようにして、近隣の方に迷惑の掛からないようにしましょう。


この記事をシェアする